オフィス移転をする前に準備しておきたい事

オフィス移転をする前に準備しておくことは、主に3つあります。1番初めには、新しいオフィスを探しましょう。それが見つからないと、スムーズに移転ができません。交通の便や家賃などを考慮に入れて、新しいところを探します。それと同時に現在使っているオフィスの立ち退きを準備します。いくつかの手続きがありますが、特に大切なのは、原状回復のやり方です。分からない場合は、専門家に依頼する方法もあります。次に準備するのは、移転届です。これは役所に出しますが、数が多いので混乱することがあります。特に大切な届け出は登記の移転と、税務署への移転の届け出です。社員の中でこれを担当する人を決めて、行うようにしましょう。1人ではなく、複数で行った方が確実になります。

オフィスを移転する場所を早めに決める

オフィス移転の前には、早めに移転する場所を決めておく必要があります。会社の規模が大きくなったための移転だったら、便利なところを探した方が良いでしょう。会社の格式は、それが位置している場所で決まる面があります。その地域の一等地か、それに近い場所を探すのが大切です。同時に家賃やその場所の状態もチェックします。いくら一等地にあっても、オフィスが傷んでいたり、雰囲気が悪かったら、移転がマイナスになってしまいます。上記の作業とともに、それまでに使っていたオフィスの状態を整えることが必要になります。オフィスが傷んでいたら、原状回復を行わなければなりません。それには一定の費用が必要になります。原状回復を専門にしている業者がいるので、見積もりを頼みましょう。

役所への書類の提出を早めに行う

オフィス移転をするときは、いろいろな役所に届けなければなりません。その作業は迅速に終わらせましょう。特に重要な届け出は、会社の登記の移転です。これは価値の法務局に出します。税務署にも届け出を出す必要があります。届け出を出す他の役所としては、労働基準監督署や警察などがあります。この届出を出す仕事は、事務方が適しています。その会社で事務を担当していた人に、引き受けてもらうようにしましょう。一人でするのは大変なことがあります。複数の役所に書類を提出しないといけないからです。できるだけ複数の人が、これをするようにしましょう。複数の人で担当したら、書類の提出を忘れることを防げるようになります。提出すべき書類を書きだして、それを文書化して、終わったらチェックをつけるようにすれば、未提出を澪とすることが少ないです。

つながるオフィスなら居抜きオフィス移転の際のオーナー様への交渉を代行いたします。 お問い合わせフォームから、情報の都合でサイトでは公開できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせを。 つながるオフィスを利用いただくためには利用料などは頂きません。 物件の登録には通常の仲介手数料が発生します 居抜きで入りたい企業様にサイト経由で物件を見ていただけて、探す時間や手間を大幅カット コストが安いおすすめのオフィスの移転