オフィス移転のあれこれを相談できる窓口の紹介

オフィス移転をするにあって、荷物の移動や配線や電話などの接続をどのようにするのかを考えましょう。業者に頼む時には、専門相談窓口も利用しながら行うと移転までの期間をどの程度とるべきか、まずは最初に行うべき事を細かく設定してもらう事ができます。ただし、オフィスビルなどの場合には、契約を解除するまでに約半年はかかるケースが多いため、事前に確認をしておきましょう。オフィスによっては、移動する物が少ない事もあります。自分で移転までにかかる作業は、自分でもできるという方は、相談窓口のみ利用してみてもいいでしょう。移転先のオフィス契約や直ぐに仕事ができるためには、やっておくべきポイントや注意点を教えて貰う事ができます。ほとんどの移転に関する相談窓口は、提携先業者がいるか、自社で行っている事が多いため、急に自分では移転作業をする事が出来ないと言った場合でも、相談をしておく事で対応が早くなります。

移転までにしておく事を整理しよう

オフィス移転を考えている方は、解約に関する点に注意が必要です。オフィスを構えている場所によっては、一般的なオフィスビルとの契約は約6ヶ月前に解約予告を行う必要があります。そのため、移転準備期間を含めると移転を決めてから実行するまでには、大きく見積もって約半年は必要とします。また、解約予告から実際に解約するまでの間に次の移転場所や通信などの準備もしておきます。専用の相談窓口を利用して、準備の仕方や手順を効率よくする事もできます。電気配線なども含めたオフィスも移転を一括で行ってくれる業者もいるので、自分がどこまでできるのかを考えながら、相談窓口や専門業者を使いましょう。ネット内で簡易的な見積もりを行う事もできるので、移動時間がかからず、簡単に移転に関する事を依頼する事ができます。ただし、見積もりは複数社に頼むようにしましょう。

オフィス移転までにかかる金額について

オフィスの移転までにかかる費用として、現オフィス退去後の原状回復に約3万円から5万円程となっています。ただし、汚れなどが酷い場合には更に費用は掛かるので、自分で出来る範囲は掃除などを念入りにしておきましょう。退去してから移転までにかかるおおよその金額は、不要な物を捨てる為の廃棄料金や、それらを運ぶためのトラックなどが必要になるかによって変わってきます。例えば、廃棄する為に2トントラックを借りれば約8万円程度はかかってしまいます。引越し自体の金額は、社員一人あたりで計算すると約2万円から3万円程度となります。自分でできる作業は業者を使わずに自分で行えば、引越し費用は低くする事ができますが、オフィス移転専門業者からの見積もり金額によって考えましょう。