会社の規模で変わるオフィス移転の総額

会社の規模が拡張したことなどから、オフィスの移転を行う場合がありますが、その際に気になるのが移転にかかるコストの総額です。当然、会社の規模によって、その総額は変わってきますので、社員一人あたり、もしくは一坪あたりの単価を算出することによって、おおよその金額を算出することが可能です。さて、オフィス移転にかかる費用については、退去費用、引っ越し費用、新規オフィスの開設費用があります。退去費用には、原状回復にかかる費用のほかに、違約金が発生する場合がありますので、慎重に対応することが必要です。引っ越し費用には運搬にかかる費用だけでなく、不用品の処分にかかる費用も忘れてはなりません。また、新規オフィスの開設費用には内装工事や備品の購入、電気・電話・LAN配線工事など、最もコストのかかる部分になります。

退去から引っ越しにかかる費用の相場

新しいオフィスに移転するにあたって、現在のオフィスの解約や原状回復にかかる費用が必要になります。解約にかかる費用は、主に賃貸契約期間内に解約する場合に発生するものであり、原則、残りの経過約期間にかかる賃料程度が相場になります。また、原状回復にかかる費用は、床や壁紙、天井などの補修に必要なものですが、坪単価で2万5千円から3万円が相場となります。引っ越しにかかる費用は社員1人あたりで算出します。デスクやイス、什器やパソコンなどのOA機器類などの運搬にかかる費用になりますが、エレベーター有無や階段、通路の幅、クレーン作業の要否、移転先までの運送距離によって左右されますが、概ね1人当たり3万円から5万円が相場となります。また、不用品の廃棄にかかる費用については、4トン車1台分で概ね13万円から15万円が相場となります。

新しいオフィスにかかる費用とオフィス移転の総額

新しいオフィスにかかる費用として大きなものが、内装・間仕切工事になります。間仕切りの数や使用する素材にもよりますが坪単価で15万円程度が相場となります。また、電気、電話、社内LAN配線工事のかかる費用については、特殊な工事でない限り、坪単価で1万円から3万円が相場になります。さらに、デスクや什器、OA機器の購入費用が必要となりますが、現在使用しているものを半分程度流用するとして、社員一人あたり10万円が相場になります。これらの費用を合計すると、社員数30坪程度のオフィスだと仮定して、退去費用が25万円、引っ越しにかかる費用が不用品の廃棄を含め45万円、新規オフィスの開設費用が280万円程度必要となり、総額で350万円となります。ここに、新しいオフィスにかかる保証金が、概ね賃料の12ヵ月分必要となります。したがって、これらの相場を参考にしながら、自社社員で対応できる部分などを検討していけばオフィス移転のかかる予算を大幅にカットすることも可能です。