絨毯やカーペットという言い方をしていたインテリアも今ではラグと呼ぶようで、リビングはもちろん寝室のベッドの下やいろいろな部屋に置くインテリアなのです。インテリアは季節に応じて模様替えをするというのは常識でありますので、床に敷くラグというのも夏であればラタン素材の涼しげなものが良いと思います。また反対に冬であれば足元が暖かいというマットがいいので、ラグでもウールなど毛を使ったマットにすると冬でも暖かなのです。またマットというのは素材だけではなく見た目というのも季節に関係しており、たとえば夏なら涼しげなブルーや緑というのは暑い夏でも癒される部屋になるでしょう。冬であればオレンジや赤といった温かみのある色にすることで、ぽかぽかとした気分で生活をすることができるのです。季節に合わないと疲れてしまうでしょう。

ラグは自分のお気に入りの空間が作れる

先日、店でお気に入りのキャラクターのラグを見つけ、迷わず購入しました。部屋に敷くと、それだけで可愛い部屋に変わり、自分のお気に入りの空間に変身しました。様々なラグが売られています。夏には涼しい素材のもの、冬には暖かな素材のものが多くあります。季節ごとに違う雰囲気を楽しめます。また、サイズや形も様々です。円形なども可愛らしく人気があります。ラグを敷くことで様々な良さがあります。直接床に座るよりも座り心地が良くなり、寝転がってくつろぐ事もできます。また、ホコリが舞い散るのを防いでくれます。そして、敷くだけで部屋の雰囲気を自分の思うように演出できるという魅力があります。値段も安いものが多いので気軽に変えて、楽しむことができます。模様替えにはピッタリです。実用性もあり、お洒落であり、多くの家庭で使われています。

お手入れ簡単なラグの選び方

お部屋に敷くだけでイメージがガラッと変わるインテリアの鉄板「ラグ」には大きく分けて2種類あります。平織り・ループとありますが、中には平織りとループのミックスなどもあります。ループはその名の通り糸が輪になって加工されている物で平織りは短い毛足で揃えてあります。ループは輪になっている分平織りよりもへたりにくく、毛足が寝にくいと思います。ですが掃除のしやすさで言えば平織りではないでしょうか。ゴミやホコリなどが絡まりにくく掃除機がかけやすいと言えるでしょう。この特長を活かしたのがミックスです。平織りとループが混在しているため適度に強度が高く、掃除のしやすさを持ったラグです。インテリア的要素も大切ですが、毎日のお手入れがしやすく耐久性に優れているものを選ぶことも大切です。夏場なら断然い草ラグがオススメです。い草は擦れたりすると痛みやすいのであまり高価な物を選ばず、お手頃価格の物を毎年買い換えることをオススメします。その方が清々しくさらっとした使い心地を味わえます。